定期イベントvol.1『ほんとうに意味のある看護研究をするために』